上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安直だけど純粋さが胸を打つのです」



ミスチルの「旅人」が好きだ。

初めて聞いたのが高校3年のとき。

受験シーズンの真っ只中、ミスチル好きな
他クラスの友人が大プッシュで貸してくれた。

どれほどいいのか、家に帰って聞いてみると…
まぁ、ミスチルらしくないアップテンポな曲で。
「まぁ、いい曲じゃん」と思ってちょくちょく聴いていた。


でも、聞いてるうちにかなりはまってた。


何がいいって、歌詞がいい

旅人の歌詞


当時大学受験生の自分には

「どうせ駄目ならやってみよう
数え切れぬ絶望を味わった夢を追う旅人
この人生をまっとうせよ」


あたりがグッと来て。
人生一度きり。行きたい大学受けようって気になった。

大学のときには


「ありがとう こんな僕に付き合ってくれて」


なんて部分も泣きたくなるほど大好きで。


最近では

「誰だってしんどい
集団で牛丼食べて孤独な想いを消してんだ
ほらもう少しの辛抱 あわてん坊よ焦るな」


なんてのが現実味あっていいな、と。
むしろ、研修中でのリアルな話だ。
最近じゃ、毎日吉野家の牛丼食って研修のボヤキを入れてた。


かれこれ何千回聞いたのだろう。
生きてるときにこの曲に出会えてよかった。(って言い過ぎか)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 青の理論, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。