FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DL-C2650.jpg



1947年、銀行員であったアンディ・デュフレーンは、妻とその愛人を射殺したという身に覚えのない罪でショーシャンク刑務所に投獄された。刑務所が持つ異質な雰囲気に初めは戸惑い孤立するアンディであったが、「調達係」と呼ばれ服役囚から慕われていたエリス・ボイド・"レッド"・レディングと出会い交流を深める。アンディは元銀行員の経歴を如何なく発揮し、刑務所内の環境の改善に取り組む事でレッドや他の囚人の信頼を獲得していく。さらには監察官の税務処理や所長の所得隠しまでも請け負うようになり、やがてアンディは奇跡を起こす(Wikipedia)



おおお、久しぶりにいい映画を観たな。

この映画のメッセージは「奇跡」といわれているが…
うーん。おれはそうとは思わないかねぇ
それよりも、。
どんな過酷な状況でも、生きる望みを捨てずに
努力することの大切さをうたっている
方が当たってるかな。


奇跡っていうと、どうしても「偶然」っていうニュアンスが
含まれちゃう。
でも、そうじゃないんだよな。

あのハッピーエンドは「努力」「希望」が重なり合ってできたものだろう…。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 青の理論, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。