上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07-11-20_21-28.jpg



「賞もらった」


といっても努力賞。

スポンサーサイト

04main.jpg



「観てきた」


やっぱいいねALWAYS!!


こういう世界観をつくれるって素敵なことだよね。


「学生みたい」


明日から仕事と考えると病的な気持ちになるが
書きたい気持ちも多少はあるので書きたいと思う。

11/17(土)

高校の男友達3人とオール飲み。

実際にはオールなんぞはする気はなかったんだが、
飲み屋を2件ハシゴし、その後にラーメン屋に行ったせいか、
終電を逃した為にそうなった。

そもそも食いすぎだった。
もともと俺は酒はほとんど飲まないから、居酒屋では食専門。
「食い物のことなら任しとけって」などと余裕ぶっこいていたら
2件目終了時には、もはや食べ物を見んのも微妙になっていた。

他の3人が
「シメはラーメンでいっとく?」
「いっとくいっとく~」
「別に私は食っても構わんが」
などと言ってる傍ら、俺は一人心の底から
「帰宅させてくれ」と願っていた。

それでもラーメン屋行って頑張って食べた(半分くらい)。
その後は終電が無くなった為その日の寝床を全員で探すことになった。
この時点で深夜1時。気温とシチュエーションが寒い。

とりあえず地元のS駅に24時間営業の健康センターが
あることを知り、4人で向かう。

その健康センターは駅から7・8分歩く。やや遠い。
もはや全員が眠そうで歩くのもなんだか億劫そうだった。
そんな寒空の中、歩き出した途端に友人の一人が言った。

「ラブホ行かねぇ」

他3人が足を止め、その友人の次の言葉を待つ。

「風呂とかも一つ部屋借りて回して使えばよくね?」

男4人でラブホ…。頭がおかしいとしか思えない。

他の二人も
「え~そんなんできんのかよ~?」
「別に私はどっちでも構わんが」
などとかなり動揺気味。

そんな中、「この辺のだと1部屋借りたとして安いので大体
七千円くらいで四人で割ると二千円を割る即ち健康センター
より安くなる可能性が高い」
とアクティブに考えていた自分がキライだ。

結局何件か当たってみたところ、
「4人1部屋はNG」とか、
「満室」とかで、結局健康センターで温泉入って一夜を過ごした。

社会人になって何やってんだろうな。
でも、たまにはこういうのもいい。

「きていたらしい。」

しかもうちの近所の大学の文化祭に。

はぁ…見たかったな。あの自虐的ネタ…。

いやいや、俺も自虐的だから見たかったってわけじゃなく


ただ、単純なのが好きだ。

たとえばA4用紙に書かれたA地点とB地点を、一本の直線で結ぶような。


最近じゃ、世の中の全てのものが難しく感じんだよな。

仕事や、勉強や、プライベートさえも。

何もかもが。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 青の理論, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。