上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02729435.jpg



「買ってみた」

新宿東口の紀伊国屋書店で買った。

お堅い英語の本を読むのもいいけど、もっと楽しい本で英語を勉強できたら良くない?と思ってね。

それに、このマンガはコマの外に日本語訳が書いてあるからスムーズに読める!!

まぁ、シリーズは他にもオペラ座編とか異人館村編があったけど、
俺の記憶はタロット山荘で止まっているため(分かる?)
比較的最新の天草編(本書)にしたわけよ。

あー、金田一なつかしい。
for a long time no seeですよ。全くもって。
でもむしろあれ、もっと懐かしいのが







銀狼怪奇ファイルとか!!(笑)

ヤバイ懐かしい!!むしろ平日の夜にブログ書いてる自分どない?
いやー、あのころの土9は、毎週ハラハラ見てたよ。
銀狼とか実在すると思ってた。
とりあえず。それなりに純真だったということで…
スポンサーサイト

4838717776.jpg



「買ってみた」


英語の勉強法も乗っているために買ってみた。

そんなかでも英会話にオススメの方法は

ネイティブが使うフレーズをそのまま覚えるって方法

海外ドラマのフレンズみたいなホームコメディがいいらしい。

実際に見てみたけど、確かにフレンズは日常フレーズ使うし聞き取りやすい★


それとは逆に、俺の大好きなプリズンブレイク。
あのドラマみたいに、刑務所の脱獄方法なんて日常でめったに使わないだろうな。

たとえば使われていたフレーズで


He's got a maze on his skin!!

意味は




「あいつの皮膚に迷路があるぜ!!」





つかわねぇぇ!!

2c83210317adc3661993df1208683e86.jpg



続編が出るらしいので観てみた。(って…今頃っ)

まさに古きよき時代を彩っている作品。

特に、鈴木オートにTVが来たシーンで、ご近所さんが集まってワイワイするところを観て

ああ、こういうのって無いな。

と思ったね。


人々は家や部屋という四角い箱にこもり、お互いに金属製の鍵をかける。

排他的になった現代。
日常の中での開放的な空間を珍しく感じたよ。


そんな俺も今、漫画喫茶とかいう超排他的空間で息を潜めているわけ。
人情も何も無いこの場所で「何をしてるんだ自分」と思う。
…てか最近、週1・2のペースでいってるんじゃないか?

やばい!!誰かtasukete!!

「もちろん小説も漫画も好き」


Reading books is wonderful.So I wanna continue reading.


本はいい。

読むことで作者の人生の一部を味わうことができるから。

そん中でも入社以来読みまくってるのがビジネス書

自己啓発的なものも経験的なものも含めて読んでいる。


そもそも俺は営業パーソンとして働いている。

クライアントとの交渉や新規受注など、多くのタスクがある。

そのタスクをクリアしていく方法は人それぞれ。

だけど、やっぱりうまいやり方ってのがあるはずっしょ。

そんなノウハウを身に着けるために手っ取り早いのが、

先人たちが書ききった本を読むこと。


もちろん、一から全部自分なりのスタイルでやれとも言う人がいるが。

それだと限界がある。自分なりの方法だけじゃね。

俺はその限界をちょっとでもいいから超えたい。

普通で終わりたくないっす。


CA8129PQ.jpg


最近はめっきりプリズンブレイクです。

一回観始めると止まらない。
週5本ペースで一気ににシーズン1~2をレンタルした。

でも、普通に観るだけじゃもったいない。
こんな面白いドラマ(人による)なら、そのまま英語の勉強に使えるんじゃないかと思った!!

そこで、とある英語仲間からの情報によると、
海外ドラマで勉強する際には3つのステップがあるという…。


①日本語吹き替えで英語字幕

②日本語吹き替え無しで英語字幕

③日本語吹き替え無しで字幕もなし。
 


いまのところ、シーズン1の1話だけ③まで挑戦してみたが…

なかなか聞き取れんです。

だってドラマ自体が面白いから
マイケル(主人公)がかっこいいから
マイケルがよく、ひそひそ声で喋るもんだから…。


おおっと言い訳キター(゜∀゜)ー!!


なんてね。…がんばらんとね。

「勝ち続けなければいけない」


お疲れ様ですエブリワン。

…って、このブログを見ている友達なんてもう全然いないんだろうな。
(いたらごめん、ありがとう)


なんだか書きたいことがいっぱいありやす。

でも一つ一つのパッセージをを俺の脳内から書き起こすのは
煩雑すぎてできない。

だけど、一つだけ言う。今の俺は


「人生に対して、本気」


もちろんそれは仕事に対して言えることでもある。

ビジネス書を買いあさり、
自分のスキルをより高めるにはどうすればいいか
今より一歩先に進むにはどうすればいいか
多くの意味で、勝ち続けるためにはどうすればいいか


なんだか、抽象的ではあるがmixiの紹介文で自虐自虐って
言われてた人間が言うことじゃないかもな。(笑)


でも、とにかく突っ走りたい、息切れるまで


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 青の理論, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。