上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安直だけど純粋さが胸を打つのです」



ミスチルの「旅人」が好きだ。

初めて聞いたのが高校3年のとき。

受験シーズンの真っ只中、ミスチル好きな
他クラスの友人が大プッシュで貸してくれた。

どれほどいいのか、家に帰って聞いてみると…
まぁ、ミスチルらしくないアップテンポな曲で。
「まぁ、いい曲じゃん」と思ってちょくちょく聴いていた。


でも、聞いてるうちにかなりはまってた。


何がいいって、歌詞がいい

旅人の歌詞


当時大学受験生の自分には

「どうせ駄目ならやってみよう
数え切れぬ絶望を味わった夢を追う旅人
この人生をまっとうせよ」


あたりがグッと来て。
人生一度きり。行きたい大学受けようって気になった。

大学のときには


「ありがとう こんな僕に付き合ってくれて」


なんて部分も泣きたくなるほど大好きで。


最近では

「誰だってしんどい
集団で牛丼食べて孤独な想いを消してんだ
ほらもう少しの辛抱 あわてん坊よ焦るな」


なんてのが現実味あっていいな、と。
むしろ、研修中でのリアルな話だ。
最近じゃ、毎日吉野家の牛丼食って研修のボヤキを入れてた。


かれこれ何千回聞いたのだろう。
生きてるときにこの曲に出会えてよかった。(って言い過ぎか)
スポンサーサイト

「またな」


研修前半戦が終わった。

そんでもって、昨日から待ちに待ったGW。

こんな連休、もうなかなか無いだろな。

だからと言ってテンションが高いわけではない。

なんでかっていうと

新入社員の40%くらいとは、もうお別れだから。



うちの会社の後半の研修はエリアごとに分かれる。

エリアってのはおおまかに

首都圏・東日本・西日本

からなっている。(おれは首都圏)

つまり、エリアが違う東日本・西日本グループとは
ここで別れて後半の研修に移ろうって感じだ。


残念だが、これからなかなか会う機会も
なくなってしまうんだろうな。

1ヶ月間も行動を共にして、仲良くなれてきたのにこれだもんな。

残念。でも楽しかった。

「だみだこりゃ」


研修でグループワークをやった。

6人一組で。

結果。

全然ダメだった。

発言回数も少なかったし、場の流れもつかめてなかった。

挙句の果てに周りから気を遣われる始末。情けない。

もしこれが就職の選考だったら、おれは間違いなく落ちただろうな。

その後、いろいろ頭の中で言い訳を妄想してみたが…


無駄だと思ったからやめた。


まぁ、人間、何らかの言い訳をつけて自己を正当化しようとするものだ。

やれやれ…

1001550_01.jpg



「心は年をとらねぇ」

Yesterday I went to the movie theater with my friend.
And we watched 「ROCKY THE FINAL」.

This is the end of "ROCKY series"
In other words,we can't watch "ROCKY movie"
any more!!
I'm disappointed...

The contents of movie are so great.
At first,Rocky didn't practice and run a restaurant.
But one day,he watched the Tv program of boxing.

Then he wanted to boxing.

The enemy was decided heavyweight class champion.
So Rocky practiced well.
And his final fight began!!



ロッキー、面白かった。(いい意味で)

ロッキーといえば、今はやりのちょいモテオヤジ。
何がかっこいいって、やっぱ筋肉でしょ。
60歳という年齢を考えさせられないほどの肉体だった。

もちろん、その肉体に至るまでにハードな練習は欠かせない。
今回も犬と走ったりバーベル上げたり生卵を飲んだり…。
亀○三兄弟も「なんぼのもんじゃい」のハードメニューだ。

そして、今回もやってくれた。


肉サンドバッグ。通称「肉殴り」



おそらくアレだろう。
こういう斬新で型破りなトレーニング名は
肉屋を経営しているか「北斗の拳」を読んでいる
限り、生まれるはずがないのだろう。

そこに気付いたスタローンはすごいと思う。
(昔から肉殴りたかったんだろうな。)




gai.jpg





同期に借りた。

しかも女の子…いや、女性に。
なかなかいないだろ?
でも、おれはその人は素敵だと思う。


読んでみて、今後の仕事に対するモチベがかなり上がった

12人の経営プロのインタビュー。
いかにしてトップに上り詰めたのかを、
ざっくばらんに書いている。

全体を通して彼らが言っていたのは

「目の前のことを一つ一つ、一生懸命にやること。」

おそらくこれだろう。

実際に、「社長になりたい」と言ってなった人物は
12人の中でも少なかったはず。(確か)

英語などを含め、目先の仕事や課題に対し、真剣に取り組んで
いたら、トップの話が転がってきたなどが多かった。



それで、この本を読んで、最も印象に残ったのは
日本エマソンの社長の言葉。

日本人は答えがひとつしかないと思っている。
ひとつしかないと思うから、間違えてはいけないと、
発言が慎重になる。

これは日本の教育の一番悪いところ。

答えは無数にあるのだから、
思ったことはどんどん発言すればいい。



うむ…確かに。
アメリカ人なんか、ガンガン議論するからな。
そういうところも見習うべきところではあるか。

さて、おれはこの本を読み終えた。
ここで大事なのは、こういう本を読んでから
自分はどんなアクションをすべきなのか、だろ。

当然おれは
「目の前の仕事を一生懸命やる」
だと思う。

「満員電車の攻略法、何かある?」


I hate a crowded train.
But I can't avoid it.

Most of people get on a train between 6:30 and 8:00.
And I get on it at 6;30...
It's beginning of a crowded train!!
But I can't get up early any more!

I have to stand it.



満員電車がキツイ…。


大学がチャリ通だったために、
満員電車の脅威を知らずに生きてきやした。
でも、本当に思うのは、


できれば、知らずに一生を終わらしたかった…


あまりの勢いに、持っていたかばんが
人の波に埋もれちまったりする…。

おばさんの後頭部がおれの顔面の数センチ先にあった。
悪魔が振動を待っているとしか思えない。

オヤジたちが汗をかき始める。
危険な香りが充満する。

それに、6時半の電車に乗っても座れないなんてな…。
まぁ、そんなもんか。
これが社会人の宿命ってヤツかね。

「ぬるい」


帰ってきた。

千葉県野田のなんとかホテルってとこで2週間のカンヅメ生活

正直…ぬるかった。後先が不安になった。

先輩社員の方々には申し訳ないけどね。

理由。

①机上の研修が多かった。 (会計・総務・社会保険などなど、必要なことは多かったんだが…)

②新入社員の意識が低い。 (毎晩騒いでたそうで、同じ時期に研修に来ていた某大手不動産会社の方々に迷惑をこうむった)


ただ、いいこともあった。

①逆に、意識の高い新入社員とも会えた。 (英語力高し!論理的に表現する力高し!)

②生活習慣がついた。 (早寝早起きを心がけたし!夜の12時には寝よう)


これからの2週間は東京で研修をやることになる。
(オタクの方々の聖地だ。)
そこで、どれだけ自分の意識を高められ、かつ知識を
得ることができるのか。

そいつが今後の課題だな。(オタク的意味じゃなくて)


「こんにちわ。社会人です。」



今日から社会人です。
学生気分は3月31日をもって終了しました。

さて、明日から研修が始まる。
社会人一発目のイベントってやつか。

研修は2部構成で、始めの2週間は合宿なんだよな。
場所は千葉の山奥(?)で、まさに2週間カンヅメ状態。
そのような環境に置かれた、ネット世代の僕たちは
生きていくことができるのであろうか。

朝起きたらまずネット。夜寝る前でもまずネット。
メシ食ってるときもネットのことしか考えてない。
不安だ…ネットが出来ないのが。

んで、本当は何が言いたいかっていうと、

ブログの更新が2週間止まるってこと。

つまり、

I can't use internet for two weeks!!!

っというわけでして、携帯から更新できる方法を模索中…。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 青の理論, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。