Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04main.jpg



「観てきた」


やっぱいいねALWAYS!!


こういう世界観をつくれるって素敵なことだよね。

スポンサーサイト

2c83210317adc3661993df1208683e86.jpg



続編が出るらしいので観てみた。(って…今頃っ)

まさに古きよき時代を彩っている作品。

特に、鈴木オートにTVが来たシーンで、ご近所さんが集まってワイワイするところを観て

ああ、こういうのって無いな。

と思ったね。


人々は家や部屋という四角い箱にこもり、お互いに金属製の鍵をかける。

排他的になった現代。
日常の中での開放的な空間を珍しく感じたよ。


そんな俺も今、漫画喫茶とかいう超排他的空間で息を潜めているわけ。
人情も何も無いこの場所で「何をしてるんだ自分」と思う。
…てか最近、週1・2のペースでいってるんじゃないか?

やばい!!誰かtasukete!!

1001550_01.jpg



「心は年をとらねぇ」

Yesterday I went to the movie theater with my friend.
And we watched 「ROCKY THE FINAL」.

This is the end of "ROCKY series"
In other words,we can't watch "ROCKY movie"
any more!!
I'm disappointed...

The contents of movie are so great.
At first,Rocky didn't practice and run a restaurant.
But one day,he watched the Tv program of boxing.

Then he wanted to boxing.

The enemy was decided heavyweight class champion.
So Rocky practiced well.
And his final fight began!!



ロッキー、面白かった。(いい意味で)

ロッキーといえば、今はやりのちょいモテオヤジ。
何がかっこいいって、やっぱ筋肉でしょ。
60歳という年齢を考えさせられないほどの肉体だった。

もちろん、その肉体に至るまでにハードな練習は欠かせない。
今回も犬と走ったりバーベル上げたり生卵を飲んだり…。
亀○三兄弟も「なんぼのもんじゃい」のハードメニューだ。

そして、今回もやってくれた。


肉サンドバッグ。通称「肉殴り」



おそらくアレだろう。
こういう斬新で型破りなトレーニング名は
肉屋を経営しているか「北斗の拳」を読んでいる
限り、生まれるはずがないのだろう。

そこに気付いたスタローンはすごいと思う。
(昔から肉殴りたかったんだろうな。)




4c65fd9b-s.jpg



「本当に怖いのは最後!!」


Before I watched this movie.
I heard, this is very scared.
I thought so.
Cuz the poster of this movie is drawn a shark.

And I watched...
At first a young couple went to the beach to enjoy the free time.
And they applied the diving tour.

The day that they go to the diving,they and many applicant went to the sea with a boat.
they were enjoying the diving for a while.
The free time was over.
Applicants backed to the boat.
And the boat went to the somewhere except a couple!!!

They were very troubled.
And the fear is coming soon...


●あらすじ
やっと取れた休暇を利用して海でダイビングを楽しんでいた夫婦、スーザンとダニエル。しかし、ツアーガイドのミスで2人は海に取り残されてしまう。360度見渡す限り海。助けはこない。海中にはサメ・・・・。そんな2人に静かに訪れる恐怖を描く。



この映画で本当に怖いのは本編最後~エンドロールの部分。
それまでは淡々としてるかも。

水面下を見るたびに、徐々にだが確実に増えていく○○…
そして、物語は衝撃的なラストを迎える。、
皮肉にも最後の海の風景はめちゃめちゃきれい。
エンドロールでは、黄色いカメラが○○の口から…。

<気になったワード>

with a boat…ボートに乗って。

applicant…志願者



DL-C2650.jpg



1947年、銀行員であったアンディ・デュフレーンは、妻とその愛人を射殺したという身に覚えのない罪でショーシャンク刑務所に投獄された。刑務所が持つ異質な雰囲気に初めは戸惑い孤立するアンディであったが、「調達係」と呼ばれ服役囚から慕われていたエリス・ボイド・"レッド"・レディングと出会い交流を深める。アンディは元銀行員の経歴を如何なく発揮し、刑務所内の環境の改善に取り組む事でレッドや他の囚人の信頼を獲得していく。さらには監察官の税務処理や所長の所得隠しまでも請け負うようになり、やがてアンディは奇跡を起こす(Wikipedia)



おおお、久しぶりにいい映画を観たな。

この映画のメッセージは「奇跡」といわれているが…
うーん。おれはそうとは思わないかねぇ
それよりも、。
どんな過酷な状況でも、生きる望みを捨てずに
努力することの大切さをうたっている
方が当たってるかな。


奇跡っていうと、どうしても「偶然」っていうニュアンスが
含まれちゃう。
でも、そうじゃないんだよな。

あのハッピーエンドは「努力」「希望」が重なり合ってできたものだろう…。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 青の理論, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。